/

福島産野菜からの放射性物質、セシウム検出例が増える

厚生労働省は30日、福島県内で28日に採取された野菜42検体のうち、25検体で暫定規制値を超える放射性物質が検出されたと発表した。放射性セシウム(暫定規制値1キログラム当たり500ベクレル)が検出される例が増え、最も高い値は暫定規制値の約68倍だった。既に政府が出荷停止、摂取制限をしており、市場には流通しない。

放射性セシウムは同県大玉村のホウレンソウから検出された3万4千ベクレルが最も高く、次いで本宮市のクキタチナの1万8700ベクレル。放射性ヨウ素(暫定規制値1キログラム当たり2000ベクレル)は、田村市のホウレンソウ(8400ベクレル)が最も高く、次いで大玉村のホウレンソウ(5900ベクレル)。

福島県内でも会津若松市や南会津町などでは、野菜から放射性物質が検出されておらず、同省担当者は「現時点では、原発がある海岸通り沿いで検出される傾向がある」と話している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン