/

レーシック手術感染で元院長を追送検 業過傷害容疑

近視を矯正するレーシック手術で東京都中央区の銀座眼科(閉鎖)の患者が角膜炎などに集団感染した事件で、警視庁捜査1課は29日、手術で角膜混濁などの傷害を負った男性患者(53)について元院長、溝口朝雄被告(49)=公判中=を業務上過失傷害容疑で追送検した。

送検容疑は2008年11月、手術器具の滅菌などの衛生対策を怠り、男性患者に感染性角膜炎を発症させ、角膜混濁など全治約1年の傷害を負わせた疑い。

溝口被告は「菌が出ているなら、手術によって感染させたことに間違いない。収益を上げるために洗浄や滅菌を怠った」と供述しているという。

同課は29日、告訴状を提出していた他の患者10人についても書類を検察庁に送り、同事件の捜査をほぼ終結した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン