/

この記事は会員限定です

ボランティア、被災地に支援の輪 交通網復旧で集結

[有料会員限定]

東日本大震災の被災地で一般のボランティアによる支援の輪が広がってきた。各地で災害ボランティアセンターが徐々に整い、東北道の全面開通など交通網やライフラインの復旧に伴い、全国から若者らが集まり始めている。ただ、津波被害の大きかった地域では立ち入り制限が残り、まだ活躍の余地がないのが実情。関係者は「支援方法は手探り」と明かす。

宮城県石巻市の石巻専修大学1階に設置された災害ボランティアセンター事務所。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り784文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン