/

この記事は会員限定です

被曝の可能性、実態と乖離も

[有料会員限定]

原子力安全委員会が23日に発表した放射性物質の拡散シミュレーション結果は試算の根拠が必ずしも明確ではなく、確実性が十分とはいえない。生煮えの予測が独り歩きすれば、誤った退避行動や混乱を招きかねない。避難地域の見直しなどの判断材料にするにはより多くの観測データをもとに、正確な試算を繰り返し説得力のある結果を示す必要がある。

シミュレーションは福島第1原発から放出された放射性ヨウ素の総量を推定し、その...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り264文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン