/

群馬・みなかみ町、宿泊施設無償で被災者受け入れ

群馬県みなかみ町とみなかみ町観光協会は15日、同町の宿泊施設で、東日本巨大地震の被災者を無償で受け入れることを決めた。町は受け入れにかかる費用1億円を、2010年度3月補正予算に計上する。

町は、被災者1人当たり1日(1泊3食)3000円で30日間、1000人分を受け入れることを想定。宿泊にかかる費用9000万円など1億円を補正予算に盛り込む。観光協会を通して受け入れを希望する宿泊施設を募ったところ、15日の段階で18施設の応募があった。今後、群馬県を通して被災地域の自治体と協議して、具体的な対象などを詰める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン