フィリピン、世界最大のコールセンターに インド抜く
アウトソーシング業務で存在感

2011/3/7付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【マニラ=遠西俊洋】事務処理など顧客企業の業務を請け負う「ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)」産業の拠点として、フィリピンの存在感が増している。欧米企業に加え、BPO事業で先駆的な立場にあるインド企業もフィリピンに進出。2010年にはコールセンター業務の市場規模でインドを抜いたもようだ。インドは研究開発などの分野の強化に取り組んでおり、英語力を生かしたBPO事業を巡る両国間の競争が激…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]