/

この記事は会員限定です

フィリピン、世界最大のコールセンターに インド抜く

アウトソーシング業務で存在感

[有料会員限定]

【マニラ=遠西俊洋】事務処理など顧客企業の業務を請け負う「ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)」産業の拠点として、フィリピンの存在感が増している。欧米企業に加え、BPO事業で先駆的な立場にあるインド企業もフィリピンに進出。2010年にはコールセンター業務の市場規模でインドを抜いたもようだ。インドは研究開発などの分野の強化に取り組んでおり、英語力を生かしたBPO事業を巡る両国間の競争が激し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1166文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン