中韓の太陽電池メーカー、日本市場開拓に熱

2011/3/3付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国、韓国の太陽電池メーカーが日本市場に攻勢をかけている。生産量で世界6位の中国の晶澳太陽能控股(JAソーラー)は9月をメドに日本法人を設立する。韓国中堅財閥のハンファグループは低価格の住宅向け製品を販売する。政府は太陽電池の普及を目指し手厚い支援策を導入しており、中韓勢は日本市場の成長余地が大きいと判断した。

海外勢は2009年から日本で家庭向けに太陽電池や関連製品の販売を本格的に始めた。個人…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]