クマの冬眠は超省エネ、代謝活動4分の1に 米大チーム

2011/2/18付
保存
共有
印刷
その他

冬眠中のアメリカクロクマは、生命を維持するための代謝活動が通常時の4分の1のレベルにまで低下していたと、米アラスカ大フェアバンクス校などのチームが、18日付の米科学誌サイエンスに発表した。

体温の低下は6度ほどにとどまっており、動物は体温が10度下がると代謝が半分程度に低下するとの通説を上回る結果。厳しい自然環境で暮らすクロクマの、驚くほどの"省エネ"が示された。

5~7カ月に及ぶ冬眠中には筋肉や骨の量は減らないことが分かっており、チームは今回のデータを骨粗しょう症防止の薬や、将来の宇宙旅行などの分野に応用できるのではないかとしている。

研究対象は、アラスカ中南部などで人里に近づき捕獲された5頭。人工の巣に入れ食べ物や飲み物は与えずに、赤外線カメラや体内に埋め込んだ無線送信機で冬眠中の生態を調べた。

クロクマの通常の体温は37~38度。冬眠中は30度を下回ることはなく、数日間隔で30~36度の範囲を上下していた。冬眠から覚める前には36~37度に上昇した。

一方、代謝活動は大幅に低下したまま推移。心拍数も、通常時の1分間55回程度から14回程度に減っていた。冬眠から覚めて2~3週間は、体温が上がっても代謝活動レベルは半分ほどだった。

ただ、妊娠中の体温は冬眠中でも高いままだった。胎児の成長には、体温の低下や変動は望ましくないとみられる。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]