2019年6月19日(水)

石原知事と民主、都議会で溝深く 新銀行・築地移転で論戦

2011/2/16付
保存
共有
印刷
その他

東京都議会は15日、第1回定例会の代表質問を行い、最大会派の民主党が築地市場(東京・中央)の豊洲地区(同・江東)への移転経費を盛り込んだ2011年度予算案について「極めて厳しい対応をせざるを得ない」と反対をちらつかせた。石原慎太郎知事は「新市場の整備を進めることが都の責任」と反論。4月に知事選が迫る中、民主と石原知事の食い違いが改めて鮮明になった。

民主の大沢昇幹事長は、都が11年度予算案に計上した新規事業「築地地区を中心とした将来の街づくりの検討」について質問。岡田至中央卸売市場長が「場外市場などとのかかわりの中で、独特の伝統・文化を継承してきた特質を考慮して多面的に取り組む」と答弁した。

築地移転について、自民党の三宅茂樹幹事長は「党派を超えて知恵を出し合い、現実に即した歯車を回すのが都議会の責務だ」と述べ、石原知事の移転方針を支持した。

新銀行東京の再建問題を巡っては、民主の大沢幹事長が設立を主導した石原知事の責任を指摘。石原知事は「私は新銀行東京の発案者だが、設立には都議会の賛同を得た。都議会民主党にも賛同いただいた」と突っぱねた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報