/

駅のホームドア導入へ検討会 国交相が設置表明

大畠章宏国土交通相は28日の記者会見で、駅ホームでの転落事故を防ぐホームドアの導入促進を目指し、課題や解決策を鉄道会社を交えて話し合う検討会を設置すると明らかにした。2月上旬に初会合を開く。

列車の型式によってドアの位置が違うことや、全駅に設置するには巨額の費用がかかることなどが鉄道会社にとっては難題。検討会には十数社が参加し、夏までに導入促進策や課題の解決策をまとめる。

国交相は25日、全国の鉄道会社に対し、ホームドアの具体的な整備計画や導入検討状況を国交省に報告するよう要請している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン