江田五月法相「検察改革、一番の課題」

2011/1/27付
保存
共有
印刷
その他

江田五月法相は26日、報道各社の合同インタビューに応じ、大阪地検特捜部の捜査資料改ざん・隠蔽事件を受けた検察改革について「一番早くやらなくてはいけない課題」と強調、取り調べの録音・録画の導入については「6月をめどに検討材料を集約したい」と言及した。一方で国際結婚が破綻した夫婦間の子どもの扱いを定めたハーグ条約の加盟に改めて積極的な姿勢を示した。

――検察改革について

「日程的に一番早くやらなくては…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]