適格年金、移行を簡素化 厚労省が特別措置

2011/1/21付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

厚生労働省は2012年3月末で制度がなくなる税制適格年金について、特例措置を設ける方針を固めた。別の企業年金制度へ移行を促すため、必要な手続きを簡素化するのが柱。すでに年金を受け取っている人だけで構成する「閉鎖型」と呼ばれる適格年金を対象とする。

適格年金は12年3月末で税制優遇がなくなることが決まっている。確定給付企業年金など他の企業年金制度に切り替えないと、同年4月から年金受給者に税負担が発…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]