2019年1月24日(木)

チュニジア、首都で数千人規模のデモ 首相が引退表明

2011/1/22付
保存
共有
印刷
その他

【カイロ=花房良祐】ベンアリ前大統領が亡命し、新政権が発足したチュニジアで21日、ガンヌーシ首相が民主的な選挙の実施後に引退すると表明した。政権批判の沈静化を狙った引退表明だが、首都チュニスでは22日も警官らが参加した数千人規模のデモが発生。旧政権与党・立憲民主連合(RCD)に対する市民の拒否反応は強く、新政権からのRCD一掃を求める声はやみそうにない。

ロイター通信などによると、デモ参加者はRCD関係者の政権からの離脱や解党を要求。抗議は17日の新政権発表後も連日続いている。ガンヌーシ首相は21日、地元テレビ局に対し、非民主的な法律を廃止することなどを表明したが、RCDはベンアリ前政権の与党で、抑圧体制を敷いてきたと市民はみている。

22日にはアルジェリアの首都アルジェでも数百人の反政府デモが発生。治安当局と衝突し、42人が負傷した。25日にはエジプト・カイロで大規模なデモが呼びかけられるなど、アラブ各国で情勢が不安定となる恐れもある。エジプト政府は22日、25日を休日とすると発表。デモの抑止に向けて警戒を強めている。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報