/

IPCC議長「信頼回復に全力」 つくばで記者会見

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)のパチャウリ議長は12日、茨城県つくば市で記者会見した。温暖化の予測や影響をまとめた第4次評価報告書に誤りがみつかった反省から、2014年に公表予定の第5次報告書では「厳しく文献を精査する」と表明。IPCCの信頼回復に全力を挙げる考えを示した。

第5次報告書の作成には831人の科学者が参加、前回の581人から大きく増えるという。温暖化が貧困層に及ぼす影響や、人の健康への影響、温暖化が原因とみられる異常気象への備えなどについて科学的な知見の充実を目指す。

パチャウリ氏は第5次報告書の作成に向けた作業部会がつくば国際会議場で開かれているのに合わせて来日した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン