2019年8月20日(火)

信用取引、同じ担保で複数売買 東証などが規制緩和

2010/12/18付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京証券取引所と金融庁は個人投資家の株式売買の過半を占める「信用取引」について、規制を緩和する方針だ。取引の際に差し入れた担保(証拠金)を決済まで他の取引に使えない現行の制度を改め、同じ担保で何度でも売買ができるようにする。来年前半にも内閣府令を改正する方向だ。個人投資家により活発な株式売買を促し、低迷する国内株市場をテコ入れする狙いだ。

信用取引のいまの規則では、一度取引が成立すると3営業日後…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。