/

この記事は会員限定です

投資圧縮でも増産最大限 富士ゼロックスやエルピーダ

[有料会員限定]

電機や精密など主要製造業で、設備投資額を圧縮しながら増産効果を最大限に引き出す取り組みが広がっている。富士ゼロックスは2011年秋までに複写機に使う高機能トナーを25%増産するが、製造方法の改良で投資額を通常の10分の1に抑える。半導体メモリーのエルピーダメモリは投資額を4分の1に減らせる手法を確立した。景気の先行き不透明感が増す中、投資効率の優劣が競争力に直結しそうだ。

富士ゼロックスは富山県...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り966文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン