/

この記事は会員限定です

家電量販大手、太陽光発電装置を拡販 ヤマダやケーズ

[有料会員限定]

家電量販店大手が来春以降、住宅用の太陽光発電装置の販売を拡大する。最大手のヤマダ電機は取り扱いを全店に広げ、一部店舗では電気自動車EV)と組み合わせて売る計画。4位のケーズホールディングスは全国70店で新規に販売を始める。各社は2010年度、家電エコポイントの特需に沸いたが、来年度以降は反動減が避けられない。政府による購入補助に加え、環境意識の高まりで需要が伸びている太陽光発電装置を新たな収益...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り763文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン