/

この記事は会員限定です

リチウムイオン電池 ソニー、植物材料で試作

電極にコーヒー豆のかす

[有料会員限定]

ソニーは主要な部品を植物材料に替えたリチウムイオン電池を試作することに成功した。電極はトウモロコシやコーヒー豆の搾りかす、容器内部は木材、外装は生分解性プラスチックをもとに作った。将来、実用化できれば、レアメタル(希少金属)の使用量が減り、価格を下げられるほか、地球温暖化対策にもなる。

試作した電池は容量が8ミリアンペア時。これを2つつなぎ、液晶画面のない携帯音楽プレーヤーを1時間動かすことがで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り304文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン