/

この記事は会員限定です

「地球外生命」の期待、太陽系外にも 観測相次ぐ

[有料会員限定]

宇宙で生命を探す研究に注目が集まっている。欧米の天文台や研究機関が地球に似て大気や水があるとみられる惑星を相次いで発見した。いずれの惑星も過酷な環境だが、米航空宇宙局(NASA)などが必須元素リンの代わりにヒ素を食べて生きる細菌を発見したことで、生命が存在しうる星の条件が広がる可能性が出ている。地球外生命への期待が膨らんでいる。

欧州南天天文台は地球からへびつかい座の方向に40光年離れた地球型惑星...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り786文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン