/

この記事は会員限定です

鉄鋼大手、製鉄副産物で温暖化対策 サンゴ再生など

[有料会員限定]

鉄鋼各社が製鉄過程で発生する副産物であるスラグを使った温暖化対策を本格化する。JFEスチールは沖縄県やインドネシアでサンゴ礁再生に活用する。新日本製鉄は北海道で、住友金属工業は和歌山県で海藻育成などを目指す。スラグ中の養分がサンゴや海藻などの発育を促し、その過程で二酸化炭素(CO2)を吸収などするため、鋼材生産時のCO2排出を緩和できる。副産物を有効活用した新事業として育成する。

JFEは沖縄県恩...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り675文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン