/

この記事は会員限定です

コメの卸間価格、下げ止まり 民間業者の安値品消化

[有料会員限定]

2010年産米の主要銘柄の卸間取引価格が下げ止まってきた。11月下旬時点の価格は宮城県産ひとめぼれが上旬比横ばい、福島県産コシヒカリはやや上昇した。コメを安く売る集荷業者の保有在庫の消化が進んだためだ。生産者団体によるコメの買い上げ構想もあり、一部には先高観測も出てきた。

卸大手によると、宮城県産ひとめぼれは現在、60キロ当たり約1万1850円。11月上旬に10月比3%下がったが、その後は横ばいだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り664文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン