農業の場に障害者いざなう 自治体やNPO、支援広がる

2010/11/23付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

農家で障害者が働く機会を増やそうと、自治体や特定非営利活動法人(NPO法人)が支援して両者を結びつける試みが広がっている。農業や福祉分野の知識を持つスタッフが補助役となって作業を教えながら、農家の障害者への理解も深める取り組みだ。障害者は集中力があり戦力になるとの評価もある。関係者は「後継者不足に悩む農業分野で働ける素地をつくりたい」と意気込んでいる。

愛知県安城市にある木村卓美さん(70)が経…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]