/

この記事は会員限定です

かばんは女性誌付録で十分 手提げやポーチ、小売打撃

20~30代「日常、事足りる」買い控え

[有料会員限定]

バッグの小売市場が縮小している。けん引役の20~30代女性の購入意欲が振るわない。消費低迷で高額品の販売が鈍っていることに加え、追い打ちをかけるのが、手提げ袋やポーチなどを付録とする女性誌の急増だ。日常のちょっとした外出や休憩時間に持って行くのであれば、こうした付録や低価格のエコバッグで十分という人も少なくないようだ。

東京・池袋の大型書店「リブロ池袋本店」(東京・豊島)。雑誌売り場に並ぶ30代...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り808文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン