/

この記事は会員限定です

太陽光発電、耕作放棄地活用で2200万世帯分可能 環境省試算

[有料会員限定]

広い敷地を確保できる国内の耕作放棄地やごみ処分場に大規模な太陽光発電施設を造れば、約2200万世帯が1日に消費する電力を発電できる可能性がある――。環境省がこんな試算をまとめた。一般的な原子炉90基分の発電能力になり、火力発電の代替として使えれば日本の温暖化ガス排出量を約4%減らせる計算だという。同省は設置を促す政策を検討する。

「メガソーラー発電」と呼ばれる大規模な太陽光発電施設の立地を検討した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り424文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン