/

この記事は会員限定です

在宅人材サービス、クラウドが普及後押し

働き手は時間・場所選ばず

[有料会員限定]

インターネットなどを使い在宅で働く仕組みは「テレワーク」と呼ばれ、米国を中心に普及しつつある。フルタイム勤務が難しい子育て中の主婦や、言語の壁がある移民などの雇用の受け皿ともなっている。米調査によると、米国で少なくとも週1回テレワークする人は2420万人に達するという。

日本でも在宅人材の活用策として、人材大手のアデコとNTT東日本が自宅でコールセンター業務などができるサービスを年内に始める計画...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り438文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン