2018年10月23日(火)

東京都、最低賃金30円上げ初の800円台 生活保護よりなお低く

2010/8/25付
保存
共有
印刷
その他

東京労働局は都内の2010年度の最低賃金(時給換算)を現行より30円引き上げ、821円とすることを決めた。初めて800円を上回り、10月24日から適用する。現行の最低賃金は791円で、引き上げ額が30円以上になるのは1977年度以来という。ただ、生活保護の水準よりはなお10円低い状態が続く。

東京地方最低賃金審議会の答申を受けた措置。最低賃金を20円以上引き上げるのは4年連続になる。

同局によると、現在都内で時給821円を下回る労働者は約5万3千人。最低賃金の引き上げは、こうした労働者の待遇改善効果につながる一方、労働者を雇う中小企業などの人件費負担が増す可能性がある。

08年に施行された改正最低賃金法は、最低賃金が生活保護の水準を下回る状況の解消を求めている。同局は同法に基づき、11年度以降に最低賃金を引き上げ、解消を目指す方針。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報