/

この記事は会員限定です

陽気な寝業師 川島正次郎(1)後藤新平に見いだされ政界に

特別編集委員 安藤俊裕

[有料会員限定]

川島正次郎(1890-1970年)ほど政客と呼ぶにふさわしい政党政治家はいない。歌舞伎役者のような独特の風貌。背広のポケットに片手を突っ込み口笛を吹きながら颯爽と歩く姿。権力への嗅覚が鋭く、小派閥を率いて軽業師のように政界を渡り歩き、自民党の幹事長、副総裁として政界の舞台回し役を演じた。

川島正次郎は1890年(明治23年)、東京・日本橋浪花町(現在の日本橋富沢町)生まれ。実父は長野県伊那郡出身の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3081文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン