/

この記事は会員限定です

副作用少ない糖尿病薬が続々

血糖調節の仕組み解明進む

[有料会員限定]

世界でまん延する糖尿病は、今世紀最も対策が必要な疾病の1つ。国内で最近、血糖値を調節する生体の精巧な仕組みを生かした新しい治療薬が相次いで登場し、注目を集めている。従来薬に比べ副作用が少なく高い効果が得られるという。糖尿病治療に大きな変革をもたらすと、期待が高まっている。

糖尿病のカギを握るのは、すい臓のβ細胞が体内に放出し、血糖値を下げる働きがあるインスリンというホルモンだ。糖尿病は4つに分類さ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1446文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン