球状炭素分子の内部にリチウム 名大など合成

2010/6/21付
共有
保存
印刷
その他

 名古屋大学と東北大学などは、サッカーボールの形をした直径1ナノ(ナノは10億分の1)メートルの球状炭素分子「C60」の中に金属原子が入った物質を合成した。太陽電池や記録媒体に応用が期待できる。成果は21日付の英科学誌ネイチャー・ケミストリー(電子版)で発表する。

 開発には名大の澤博教授と東北大の飛田博実教授に加え、新素材ベンチャーのイデアルスター(仙台市)、高輝度光科学研究センター、理化学研究所が参加した。

 独自の合成技術でC60の中に金属原子のリチウムを入れた。C60に金属原子が入れたのは初めて。大型放射光施設「SPring―8」のエックス線で確認した。

 新物質は軟らかくて曲げられる有機太陽電池に使える。また、リチウムの動きを情報記録に応用すれば、現状のブルーレイ・ディスク(BD)に比べて2万5千倍の情報記録ができるようになるという。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:01
7:01
東海 12:21
7:01
北陸 6:32
6:25
関西 6:05
6:02
中国 6:03
6:02
四国 12:00
6:02
九州
沖縄
6:02
6:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報