ネット手数料下げ、24時間取引…外貨預金使いやすく
円高進行で注目 新興国通貨も拡大

(1/2ページ)
2010/6/14付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

外貨預金が人気だ。欧州の財政不安を背景に円高が進んだことで、預金残高が増えている。大手銀行に加え、最近はインターネット銀行も預金獲得に力を入れている。各行とも為替手数料の引き下げや取り扱い通貨の拡大でサービスを競っており、利用者の選択肢が広がっている。

外貨預金は手持ちの円を米ドルなどの外貨に替えて運用する預金で、普通預金と定期預金がある。預金金利は通貨発行国の金利が反映される。預入時よりも引き…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]