都の4月有効求人倍率0.62倍 5カ月連続上昇、求職件数が減少

2010/5/29付
共有
保存
印刷
その他

 東京労働局が28日まとめた東京都の4月の有効求人倍率(季節調整値)は0.62倍で、前月比0.02ポイント上昇した。上昇は5カ月連続。新規求職申込件数は前年同月比1.7%減の81114件で1年8カ月ぶりに前年同月を下回った。都内の雇用状況はまだ厳しいが、徐々に持ち直しの動きが出てきている。

 雇用の先行指標となる新規求人数(原数値)は70568人で、前年同月比3.4%増えた。産業別に見ると教育、学習支援業が32.9%増、複合サービス業が28.6%増、製造業が19.2%増だった。同労働局は「自動車の輸送機器など、製造業の求人が少しずつ戻ってきた」としている。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 23日 7:01
23日 7:00
東北 23日 7:00
23日 7:00
関東 23日 7:01
23日 7:00
東京 23日 7:01
23日 7:00
信越 23日 7:00
23日 7:00
東海 15:29
24日 21:30
北陸 23日 6:32
23日 6:25
関西 23日 6:32
23日 6:25
中国 23日 7:01
23日 7:01
四国 23日 7:02
23日 7:01
九州
沖縄
6:00
24日 6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報