/

平等院の池から平安期のサルスベリ花粉 国内最古、貴族が鑑賞?

平等院(京都府宇治市)は24日、鳳凰堂前の「阿字池」の底にある940年ごろの地層からサルスベリの花粉を検出したと発表した。文献に残る国内の記録は江戸時代初めが最も古いが、今回の発見はそれより約600年さかのぼる。

約60年後には藤原道長が現地に別荘を構えており、調査した高原光京都府立大教授(森林科学)は「観賞用に植えられ、道長ら貴族が楽しんだのではないか」とみている。

昨年9月、池の底から約68センチの深さまで泥を採取。放射性炭素年代測定法などで分析したところ、平安時代の940年ごろの地層から、マツやスギなどに混じってサルスベリの花粉を検出した。

プランクトンや藻なども多く含まれており、同時期に庭園の池ができたとみられる。

その下にある平安遷都とほぼ同時期の790年ごろの地層からはイネの花粉が多く見つかり、高原教授は「もともとは湿地で、イネが栽培されていた」とみている。

サルスベリは紅色の花が長く咲くことから「百日紅」とも呼ばれる。高原教授によると中国南部原産で、国内では氷河期に絶滅。その後、あらためて持ち込まれたとみられ、文献には1604年に京都の醍醐寺に植えられたとの記録がある。

平等院の前身は9世紀後半、源氏物語に登場する光源氏のモデルとされた源融の別荘。宇多天皇らを経て道長の別荘となり、子の頼通が1053年に鳳凰堂を建立した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン