/

横浜の尾花監督が休養 1軍コーチ陣も全員

TBSホールディングス(HD)から交流サイト運営大手のディー・エヌ・エー(DeNA)への球団売却が大筋で合意に至っているプロ野球横浜ベイスターズは22日、尾花高夫監督(54)を休養させると発表した。来季に向けて11月に行われる秋季キャンプは白井一幸2軍監督が指揮を執る。

7回、投手交代を告げる横浜・尾花監督(22日、東京ドーム)=共同

今後の体制が不透明なための措置で佐藤貞二常務は「今の状況を考えて、来季以降のことは少し待ってもらうということ」と説明。親会社の動向を見極めながら来季の首脳陣の編成を進める。1軍コーチ陣全員の休養も発表した。

尾花監督は来季が3年契約の最終年。就任1年目の昨季は48勝95敗1分けと惨敗。今季もこの日、東京ドームで行われた巨人との今季最終戦にサヨナラ負けして、47勝86敗11分けで4年連続の最下位に終わった。

TBSHDとDeNAは来週中にも球団売却で正式合意するとみられている。野球協約では球団譲渡には12球団による実行委員会とオーナー会議での承認が必要となる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン