久保倉が3連覇、福島はトップで決勝へ 陸上アジア選手権第3日

2011/7/9付
保存
共有
印刷
その他

女子400メートルハードルで優勝した久保倉里美(9日、神戸ユニバー記念競技場)

女子400メートルハードルで優勝した久保倉里美(9日、神戸ユニバー記念競技場)

陸上の世界選手権(8月27日開幕・大邱=韓国)代表選考を兼ねたアジア選手権第3日は9日、神戸ユニバー記念競技場で行われ、400メートル障害の女子は久保倉里美(新潟アルビレックス)が56秒52で3連覇し、男子は安部孝駿(中京大)が49秒64で初優勝した。

女子200メートル予選は福島千里(北海道ハイテクAC)が23秒44の全体トップで10日の決勝へ進んだ。男子走り高跳びはムタズ・エサ・バルシム(カタール)が2メートル35の大会新記録で圧勝した。

5000メートルの男子は佐藤悠基(日清食品グループ)が13分40秒78で日本勢最高の2位に入り、女子は新谷仁美(佐倉AC)が15分34秒19で2位、小林祐梨子(豊田自動織機)が3位だった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]