2019年2月23日(土)

複合団体の日本、初の3位 ノルディック世界ジュニア選手権

2013/1/26付
保存
共有
印刷
その他

ノルディック世界ジュニア選手権の女子団体で日本は5位。2回目を終え引き揚げる高梨沙羅(26日、チェコ・リベレツ)=共同

ノルディック世界ジュニア選手権の女子団体で日本は5位。2回目を終え引き揚げる高梨沙羅(26日、チェコ・リベレツ)=共同

【リベレツ(チェコ)=共同】ノルディックスキーの世界ジュニア選手権は26日、チェコのリベレツで行われ、複合団体で曽根原郷(明大)山元豪(富山・雄山高)堀米翔大(長野・飯山高)渡部剛弘(明大)の日本はこの種目初の表彰台となる3位に入った。

前半飛躍(HS100メートル、K点90メートル)で首位に立った日本は後半距離(20キロ)でも粘った。

ジャンプ女子団体(HS100メートル、K点90メートル)で小林諭果(岩手・盛岡中央高)山口瑞貴(札幌大)伊藤有希(北海道・下川商高)高梨沙羅(グレースマウンテン・インターナショナル)の布陣で2連覇を狙った日本は726.5点で5位にとどまった。

1回目に小林が板の規定違反で失格して8位に出遅れ、2回目に巻き返したがメダルに届かなかった。101.5メートル、97.5メートルを飛んだ高梨は2大会連続の個人、団体の2冠達成はならなかった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報