日本勢は上田の11位最高 トライアスロンの五輪テスト大会

2011/8/6付
保存
共有
印刷
その他

トライアスロン世界選手権シリーズ・ロンドン大会第1日・女子 11位になった上田藍のラン(6日、ロンドン)=共同

トライアスロン世界選手権シリーズ・ロンドン大会第1日・女子 11位になった上田藍のラン(6日、ロンドン)=共同

【ロンドン共同】ロンドン五輪のテスト大会を兼ねたトライアスロンの世界選手権シリーズ第5戦は6日、ロンドンで女子を行い、日本勢は北京五輪代表の上田藍(シャクリー・グリーンタワー・稲毛インター)が2時間1分13秒で11位に入ったのが最高だった。ヘレン・ジェンキンス(英国)が2時間0分34秒で優勝した。

庭田清美(アシックス・ザバス)は28位。いずれもトーシンパートナーズ・チームケンズ所属の土橋茜子が40位、足立真梨子は42位、佐藤優香は43位、井出樹里は46位で、崎本智子(愛媛県協会)は50位だった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]