/

日本製紙が開幕戦飾る アイスホッケーアジア・リーグ

アイスホッケーのアジア・リーグは18日、釧路アイスアリーナなどで開幕し、昨年準優勝の日本製紙はアイスバックスを3-1で破り、開幕戦を白星で飾った。日本人で史上初の北米プロリーグNHL出場を果たし、今季からアイスバックスに加入したGK福藤は3失点で日本のチームでの復帰戦を飾ることができなかった。

昨季王者のハルラは、ハイワンとの韓国勢対決を2-4で落とし、黒星スタート。フリーブレイズは第3ピリオドに4点を奪い、6-3で王子を破った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン