/

フィギュア少年女子は西野が首位発進 冬季国体第2日

少年女子SPで首位に立った西野友毬(28日、名古屋市ガイシプラザ)=共同

国民体育大会冬季大会スケート、アイスホッケー競技会第2日は28日、岐阜県クリスタルパーク恵那スケート場などで行われ、フィギュア少年女子のショートプログラム(SP)では全国高校選手権を制し、3連覇を狙う西野友毬(東京・武蔵野高)が51.40点で首位に立った。

少年男子SPでは2月末に開幕する世界ジュニア選手権代表の日野龍樹(愛知・中京大中京高)が65.67点でトップ。

スピードの成年女子500メートル予選では、昨年12月の全日本スプリント選手権総合2位の辻麻希(岐阜・十六銀行)が全体トップの40秒29で決勝に進出した。同1500メートルは、バンクーバー冬季五輪団体追い抜き銀メダルの穂積雅子(富山・ダイチ)、全日本選手権で総合優勝した石沢志穂(北海道・トランシス)が予選を通過した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン