/

フィギュア元女王の安藤、9カ月ぶり演技 アイスショー出演

アイスショーで9カ月ぶりに演技を披露する安藤美姫(1日、国立代々木競技場)=共同

フィギュアスケートの元世界選手権女王で休養が続く安藤美姫が1日、東京・国立代々木競技場で催されたアイスショー「アート・オン・アイス」で約9カ月ぶりとなるショー出演を果たし、観客の前で久々に演技を披露した。

来年のソチ冬季五輪に向け、復帰を明言している安藤は賛美歌「アメージング・グレース」の調べに乗って華麗なスピンを見せ、歓声に包まれると笑顔で応えた。2度の演技でジャンプを跳ばなかったが、表現力豊かな滑りで約8500人のファンを魅了した。

男子で早大1年の羽生結弦は4回転ジャンプを失敗して苦笑いを浮かべ、最後に銀盤に登場した高橋大輔(関大大学院)は歌手の藤井フミヤさんの歌声に合わせて情感たっぷりに演技し、大歓声を浴びた。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン