/

国際大会の出場15歳以上に フィギュアスケートのルール変更

国際スケート連盟は16日、フィギュアスケートのシニアの国際大会に出場できる年齢を15歳以上にすると発表した。15日までの総会で決まった。2014~15年シーズンから適用される。現行ルールでは五輪と世界選手権については、シーズン前の7月1日の時点で15歳になっていることが条件。その他の大会は14歳以下でも出場できる。

06年トリノ五輪のシーズンには浅田真央(中京大)がグランプリファイナル女子で優勝したが、年齢制限のため五輪に出られなかった。総会では歌声が入った楽曲の使用をシングルとペアで認めることも決まった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン