2019年9月19日(木)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

元大関把瑠都が断髪式 思い出の優勝額に涙

2014/2/8付
保存
共有
印刷
その他

断髪式を終え、エレナ夫人に服装を整えてもらう元大関把瑠都のカイド・ホーベルソン氏(8日、東京・両国国技館)=共同

断髪式を終え、エレナ夫人に服装を整えてもらう元大関把瑠都のカイド・ホーベルソン氏(8日、東京・両国国技館)=共同

大相撲の元大関把瑠都で、昨年9月の秋場所前に現役を引退したエストニア出身のカイド・ホーベルソン氏(29)が8日、東京・両国国技館で断髪式を開き、何度も激闘を演じた横綱白鵬ら約230人がはさみを入れた。最後に師匠の尾上親方(元小結浜ノ嶋)が大銀杏を切り落とした。

断髪式の際、視線の先に自身の優勝額があったといい、ホーベルソン氏は「いろいろ思い出した」と目を潤ませ、2012年初場所の初優勝に思いをはせた。今後は故郷にある自身の道場で相撲を教えるプランもある。断髪式後の土俵上で「第二の人生で横綱を目指します」と力強く宣言した。

ホーベルソン氏は2004年夏場所初土俵。身長198センチ、体重190キロ前後の巨体を生かした豪快な取り口で「エストニアの怪人」と呼ばれた。陽気な性格でファンに親しまれ、10年夏場所で琴欧洲に次ぐ欧州勢2人目の大関に昇進。横綱も期待されたが、膝のけがで最後は十両まで番付を落とした。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

貴景勝(上)が突き落としで妙義龍を下す(19日、両国国技館)=共同

 大相撲秋場所12日目(19日・両国国技館)関脇貴景勝が平幕妙義龍を突き落として10勝目を挙げ、規定により1場所での大関復帰を決めた。平幕明生が敗れたため、2敗で単独トップに立った。

 大関豪栄道は竜電 …続き (19:59)

(東) (西)
隆勝X―X東龍
豊山0―0炎鵬
阿武0―1錦木
松鳳1―1明生
佐海1―0貴源
栃煌5―2琴勇
照強1―1石浦
剣翔0―0宝富
隠岐3―3輝 
翔鵬1―2琴恵
大栄2―7千大
玉鷲3―0朝山
正代4―2碧山
北富 …続き (18:19)

【東】
鶴竜    4勝4敗4休
高安    休場
栃ノ心   5勝7敗
御嶽海   9勝3敗
阿炎    7勝5敗
北勝富士  6勝6敗
逸ノ城   1勝4敗7休
大栄翔   5勝7敗
玉鷲    7勝5敗
千代大龍 …続き (18:19)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。