/

木瀬部屋の力士ら、受け入れ先は北の湖部屋

大相撲名古屋場所で暴力団関係者が観戦した問題に木瀬親方(元幕内肥後ノ海)が関与したとして、閉鎖となる木瀬部屋の力士らの受け入れ先に、同じ出羽海一門の北の湖部屋が正式に決定した。日本相撲協会前理事長の北の湖親方(元横綱)が29日、木瀬親方からの希望を了承した。

北の湖親方は「力士はまず土俵に上がらないといけないので、その環境を整えることを優先した」と説明。部屋付き親方となる木瀬親方は「北の湖親方から『大丈夫だ』との返事をいただきました」と話した。

木瀬部屋は十両の臥牙丸関ら力士数は27人。これで北の湖部屋は力士46人の大所帯となる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン