/

日ハム新オーナーに小林氏 大社氏は代行に

プロ野球日本ハムは10日、4月1日付で本社社長の小林浩氏(65)がオーナーに、2005年からオーナーの大社啓二氏はオーナー代行に就任すると発表した。19日の株主総会取締役会で正式決定する。

広島県出身の小林氏は東京水産大(現東京海洋大)を経て1969年に日本ハム本社に入社した。07年から社長、4月には会長に就任する見通しになっている。小林氏は「『スポーツ・コミュニティー』の実現に向け、これまで以上にファンの皆さまや地元北海道の方々から愛され続け、ともに成長する球団づくりを目指す」とコメントした。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン