2018年2月20日(火)

1万3000年前、国内最古級の土偶 滋賀で出土

2010/5/29付
保存
共有
印刷
その他

 滋賀県東近江市永源寺相谷町の「相谷熊原遺跡」で、女性をかたどったとみられる約1万3千年前(縄文時代草創期)の国内最古級の土偶が見つかり、県文化財保護協会が29日、発表した。

 縄文草創期としては、三重県松阪市の粥見井尻遺跡で出土した2点に次ぎ3例目。同協会は「出現期の土偶の在り方を探る上で貴重な史料」としている。

 竪穴建物跡も5棟見つかり、近畿地方で縄文草創期の集落跡が見つかるのは初めて。土偶は建物跡から出てきた。

 同協会によると、土偶は高さ3.1センチ、最大幅2.7センチ、重さ約15グラム。豊満な乳房と腰のくびれを表し、女性像とみられる。胴体部分だけを表現し、腕や脚はない。頭部もなかったが、首付近に深さ約2センチの穴が開けられていた。

 底部は平らで、直立するように作られていたが、縄文の草創期や早期の土偶には見られない特徴という。1万3千年前という時期は、建物跡から見つかった土器に付着していた炭化物を放射性炭素年代測定法で分析。粥見井尻遺跡の土偶との共通点はほとんどないとしている。

 土偶が見つかった建物跡は直径約8メートルの円形で、面積は約50平方メートル。床は地面を約1メートルも掘り下げていた。5棟の中では最大クラスで、造成には相当の労力が必要だったとみられ、縄文草創期には既に集落を形成し、一定期間定住していたことをうかがわせる。

 現地説明会は6月6日午前10時と午後1時半から。問い合わせは同協会、電話077(548)9780。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報