/

男子は小林が優勝 UHB杯ジャンプ

ノルディックスキーのUHB杯ジャンプは1日、札幌市大倉山(HS134メートル、K点120メートル)で行われ、男子は22歳の小林潤志郎(東海大)が合計271.5点で2年ぶり2度目の優勝をした。1回目127メートルの3位から2回目に最長不倒の135.5メートルを飛んで逆転した。

131メートルで1回目トップの佐藤幸椰(北海道・札幌日大高)は2回目に122メートルと伸びず、251.4点の2位に終わった。43歳の岡部孝信(雪印メグミルク)は9位、38歳の船木和喜(フィット)は10位だった。

女子は吉泉賀子(日本空調)が113.5メートル、105メートルの合計180.3点で制し、2年連続3度目の優勝となった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン