バシケーンが優勝 競馬の中山大障害

2010/12/25付
保存
共有
印刷
その他

第133回中山大障害(25日・中山10R4100メートル芝12頭、JG1)10番人気のバシケーン(蓑島靖典騎乗)が4分46秒1で勝ち、1着賞金7500万円を獲得した。蓑島騎手、高橋義博調教師ともにこのレース初勝利。

後方から徐々に進出したバシケーンは最後の直線で力強く伸び、4番人気で2着のタマモグレアーに鼻差競り勝った。3着に5番人気のマイネルネオスが入り、1番人気のトーワベガは10着だった。

払戻金は単勝が5680円、枠連が(5)-(6)で1710円。馬連は(6)-(8)で1万2450円、馬単は(8)-(6)で3万5110円。3連複は(6)-(8)-(12)で2万6050円、3連単は(8)-(6)-(12)で26万3860円。ワイドは(6)-(8)が2810円、(8)-(12)が3880円、(6)-(12)が940円。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]