2019年5月23日(木)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

元小結黒海が引退会見 「大相撲で人生が広がった」

2012/9/22付
保存
共有
印刷
その他

引退記者会見する元小結の黒海(22日、両国国技館)=共同

引退記者会見する元小結の黒海(22日、両国国技館)=共同

大相撲で旧ソ連出身初の関取となった元小結で、21日に引退届を出した十両の黒海(31)=本名ツァグリア・メラブ・レバン、グルジア出身、追手風部屋=が22日、東京・両国国技館で記者会見を行い「日本に来て大相撲に入って、自分の人生が広がった。心の中には思い出がいっぱい」と笑顔で話した。

黒海は2001年夏場所初土俵。03年夏場所に新十両となり、旧ソ連や欧州勢のパイオニア的存在だった。05年名古屋場所で横綱朝青龍から初金星を挙げた相撲を思い出の一番に挙げた。

黒海は日本国籍を取得しておらず、今後は故郷で事業やアマチュア相撲の指導をするという。師匠の追手風親方(元幕内大翔山)は「大相撲で生きてきたことをグルジアで伝えてほしい」と話した。断髪式は東京都内で行う。日程は未定。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

佐田の海(左)を攻める朝乃山

 幕内前半の出番を終えて気持ちよく引き揚げた朝乃山も、その後の波乱続出は想像だにしなかったはずだ。絶好調の栃ノ心、盤石の鶴竜がバタバタと倒れ、気づけば単独トップに。支度部屋で「いつも通り」「平常心」と …続き (22日 22:30)

朝乃山(左)が寄り切りで佐田の海を破る(22日、両国国技館)=共同

 大相撲夏場所11日目(22日・両国国技館)1横綱2大関を含め関脇以上が総崩れの波乱。横綱鶴竜は平幕妙義龍に押し出されて2敗目を喫した。妙義龍は4個目の金星。平幕朝乃山が佐田の海を寄り切り、10勝目を …続き (22日 18:56)

 右膝のけがで大相撲夏場所8日目の19日から休場していた東関脇逸ノ城(26)=本名アルタンホヤグ・イチンノロブ、モンゴル出身、湊部屋=が12日目の23日から再出場することが22日、決まった。12日目に …続き (22日 18:32)

ハイライト・スポーツ

[PR]