/

阪神・桧山が現役引退を表明 代打の切り札

記者会見で今季限りでの現役引退を表明した阪神の桧山進次郎外野手(7日、兵庫県西宮市内のホテル)=共同

プロ野球阪神の最年長選手、桧山進次郎外野手(44)が7日、兵庫県西宮市内のホテルで記者会見し、チーム一筋22年目の今季限りでの現役引退を表明した。「開幕から安打が出なかったのも要因かもしれない。今季は完全に夏ばてしているなと思った」と決断理由を述べた。

桧山は京都・平安高(現龍谷大平安高)―東洋大から1992年にドラフト4位で阪神に入団。主力として2003、05年のリーグ制覇に貢献し、06年から代打の切り札として活躍した。今季も全て代打で43試合に出場し、37打数8安打の打率2割1分6厘、9打点。

通算成績は1945試合で1261安打、159本塁打、703打点。代打での通算107打点、同156安打はともにセ・リーグ歴代2位。(記録は6日現在)〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン