嶋原は5位、加納7位 広州アジア大会、女子マラソン

2010/11/27付
保存
共有
印刷
その他

広州アジア大会最終日(27日)女子マラソンは周春秀(中国)が2連覇を達成した。嶋原清子(セカンドウィンドAC)は5位、加納由理(セカンドウィンドAC)は7位に終わり、日本女子として初めてメダルを逃した。

先頭集団から嶋原は8キロすぎに、加納は19キロ手前で脱落し、ともに立て直せなかった。

佐藤智之(旭化成)北岡幸浩(NTN)が出場する男子は、午後0時5分(日本時間午後1時5分)にスタートする。日本勢は中山竹通以来6大会ぶりの金メダルを目指す。

大会は夜に閉会式を行い閉幕する。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]