/

チリ、攻撃に連係 W杯

チリは前線が流動的に動き、連係のある攻撃が光った。前半12分、ペナルティーエリア内でボールをつなぎサンチェスが先制。同14分には相手を引きつけたサンチェスからパスを受け、フリーになったバルディビアが追加点を挙げた。高さを生かした反撃に苦しんだが、終了間際にはボーセジュールがシュートを決めた。

オーストラリアはカウンターを軸に攻め込んだ。前半35分にケーヒルがクロスに頭で合わせて1点を返したが、及ばなかった。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン